雲中一雁

里山・昆虫・水彩画

「ハトメ鋲」という商品名を76年間知らなかった。

 昔はよく見かけたが、最近ではあまり見かけなくなった。樹木名札を取り付けながらパンチ穴が破れてしまった。何かいい方法はないかと考えた時、パンチ穴補強の方法として思い出した。これなら樹木名札の寿命も伸びることだろう。

f:id:kontyuroujin:20200325152147j:plain

f:id:kontyuroujin:20200325152215j:plain

佐波の里山・きずなの森にフジバカマの苗を植える。

 フジバカマの花にはアサギマダラ蝶が毎年秋に立寄ってくれる。きずなの森はちょうどアサギマダラの通り道になっているのだろう。フジバカマの花園を造ろうかと思い、以前、皇帝ダリアの植えてあった所(勝間さんに許しを頂いて)にフジバカマ苗7株植えてみました。育つようであれば、更に増やしていこうかと思っている。

f:id:kontyuroujin:20200322145919j:plain

庭の紫モクレンの花をヒヨドリが食べていた。

 蕾の時からかじられた跡があり、ナメクジの仕業と思っていたが、先日、犯人はヒヨドリであることが解った。CDを2枚もぶら下げてみたが、高価なし。スナップエンドウの新芽を食べたり、キンカンを食べたり、千両の実を食べつくしたり、実にヒヨドリは悪いことばかりする。

憎い鳥だ!

f:id:kontyuroujin:20200321084227j:plain

f:id:kontyuroujin:20200321084302j:plain

SSSN(佐波の里山サポートネット)の月例活動(きずなの森)に参加

 今日は3月度2回目のSSSN活動日、メンバー12名参集した。作業は①樹木札の汚れたものや破れたもの取り外した。作り変えてから取り付け場所が分かるようにきずなの森の地図に位置をメモした。 ②大木2本伐倒 ③遊具・ベンチ等の安全点検とペンキ塗り ④森の中のゴミ拾い 等々、結構やることはあるものだ。

f:id:kontyuroujin:20200315085109j:plain

f:id:kontyuroujin:20200315091819j:plain

f:id:kontyuroujin:20200315112458j:plain

SSSN(佐波の里山サポートネット)・昆虫プロジェクト活動

 今日は昆虫プロジェクト活動を計画して、天気も良かったので、実行した。内容は昨秋にカブトムシ幼虫生息数を調査したが、半年後啓蟄の今日まで何匹生き残っているか?5つの飼育場を調査した。

調査結果:全部で24匹/昨秋50匹=生存率約50%

(①イノシシやモグラの餌食 ③湿度や乾燥など生育環境が悪く死亡 ③ウイルスなど病気で死亡 ④思いたくは無いが人間ドロボウ等々、、、そんな災難を逃れ運良く生き延びたカブトムシ幼虫は5月頃から蛹になり6~7月に羽化して成虫になる。そして成虫は恋をして卵を産んで9月には命が尽きる。およそ2ヶ月がカブトムシ成虫の寿命だそうだ。

f:id:kontyuroujin:20200311091620j:plain