雲中一雁

里山・昆虫・水彩画

水彩画展のご案内

 「第14回アトリエ陽だまり水彩画展(寺田晴美水彩画教室の作品展)」に、私の拙い水彩画を出品しています。

「第18回ほうふ水彩画俱楽部遊画な仲間連展」も同時に隣の別室で開催されています。

過去2年間、コロナ禍のため開催が出来ませんでしたが、今回は、もう中止はなさそうです。今週の金・、アスピラートです。

水彩画に、ご興味のある方はご来場ねがいます。よろしくお願いします。

 

 

ゴマダラチョウがやっと羽化

 冬、エノキ根元の落葉の下を探して越冬中の幼虫を10頭くらい飼育していた。4月になり、芽吹いた庭のエノキに目覚めた幼虫を移した。どんどん成長して、先日(5月11日)、ついに羽化した。成虫の姿は、人生で初めて観た。感動した~!

 

 冬眠中のゴマダラチョウ幼虫

 

 4月にエノキに移した、しばらくしたら緑色に変身

 

 エノキの葉をモリモリ食べて、まるまるに太って来た。(1頭は前蛹か?)

 

蛹になった。体の色が葉の色にそっくり、これでは鳥でも見つけられないだろう。

 

そして、ついに羽化した。続けて全部で3頭羽化した。これがゴマダラチョウか。

 

SSSN・5月度定例活動(里山三谷)に参加

 今日はSSSN(佐波の里山サポートネット)の月例活動に参加した。詳細はキャンパン団体ブログに投稿している。

 フジバカマ花壇の雑草が伸びて来たので、今日の作業の後半に5人で草取りをした。 あまりにも雑草が多くて、3分の2くらいしか取り切れなかった。後日に持ち越しとなった。しかし、植えたフジバカマ苗が活着して元気に育っていたので一安心した。

 

 

ナガサキアゲハ採集と産卵

 昨日、佐波の里山・きずなの森で「アゲハチョウ」1頭採集した。帰宅して図鑑でよく調べたらナガサキアゲハのメスで、どうもタマゴをもっているようでした。洗濯ネットケージに、「庭の柚の若葉の枝」とともに入れていたら、数時間後に卵を1個発見した。ルーペでよく観察したら、間違いなくナガサキアゲハのタマゴであった。大切に羽化まで育ってくれることを願って飼育してみよう。

 

 

 かなり翅は傷んでいたが元気だ。

 

 洗濯ネットケージに柚の若葉(白い小さな点が卵)

 

山口むしの会・昆虫調査会に参加

 今日は春の昆虫調査会が、桜郷銅山跡・農村公園(山口市東蔵目喜)で開催された。この場所は以前はギフチョウが沢山居た場所らしいが今は数が激減したそうです。(今はギフチョウの成虫の時季ではないそうです。)参加者は20人くらいであった。私は主にチョウを観察・採集した。見かけて名前を教えてもらった蝶は①ヤマトスジグロシロチョウ ➁コミズジ ➂アカタテハ ➃クロヒカゲ ⑤モンシロチョウ ⑥キタキチョウ ⑦ミヤマカラスアゲハの7種類でした。

 

 会長挨拶・注意事項の説明・自己紹介など、

 

 

 

 ヤマトスジグロシロチョウ・表翅

 

 ヤマトスジグロシロチョウ・裏翅

 

今日は「立夏」・歌「きずなの森 春夏秋冬」

  以前、「きずなの森 春夏秋冬」という歌を作りました。作ったというほどものではなく、ある歌の替え歌として、曲に合わせて詞を作ってみました。その後も言葉を推敲して来ました。今日の「立夏」にちなんで、「2番・」を紹介します。

 

 

www.youtube.com